2019年4月16日火曜日

セブンと行くタラの芽採り。

 サクラが咲いたらシーズン到来です。


最近の週末は、タラの芽が出るタイミングを図る為にパトロールしてました。

で、先週末の富士川の河川敷では漆が芽を出していましたから、そのまま少し標高を上げて裏山を散策しましたが、タラの木が見つからず。

で、今週は土曜日に雨が降ったので、xデイはやはり日曜日。

当日は有害駆除隊の腕章と登録証を受け取りに、狩猟小屋行かなくてはいけないから遅い出発になってしまった。

出発が遅れた代償は深刻で、猟期中に見つけておいたタラの木の群生地は、既に取り尽くされていて残念なことに…

ハイキングコース周辺は、山菜採りと思われる車が点々と止まっていたし。


仕方なくお狩場の最上部から、タラの芽の季節のところまで標高を下げる必要があるみたい。

山の上の方はまだ芽が出てないから、道に迷う事を恐れずに、ガンガン下ってく。

三叉のお花が咲いてるなら、もう少しだけ降りればタラの芽の標高。
とてもキレイ。

で、女王に出会う。


一つ見つければ、横に歩いていくだけでいくつも見つかるから面白いように採れる。
この植林地は、下草を刈って3年ほどしか経過してないので人が入った形跡がなかった。

家に帰り、タラの芽は一晩水でアクを抜く。
翌朝、一つだけオリーブオイルで炒めて食べました。

タラの芽の上品な香りとモチモチとした食感。
夜は天ぷらにして頂きます。
山の恵に感謝。



0 件のコメント:

コメントを投稿

!!